牧師・伝道師紹介

三浦春壽(みうら はるとし)牧師

三浦春壽牧師1953年青森県生まれ。1971年、東京での学生生活の時、キリスト教に導かれ、朝顔教会で洗礼を受ける。1978年から81年まで、青年海外協力隊の漁業隊員としてフィリピンで働く。1981年4月から84年、東京の神学校で学んで後、朝顔教会で伝道師、副牧師として奉仕。1988年から98年までまで八戸福音キリスト教会の牧師として奉仕後、1998年11月からブラジル日系人伝道のために宣教師として派遣され、サンパウロで2年、マナウスで12年、合計14年の宣教活動を終え、2012年7月1日からキリスト教朝顔教会の牧師に就任。1984年4月結婚。現在長女(川崎在住)と二人の息子(マナウス在住)の5人家族。

湊晶子(みなと あきこ)教師

湊明子教師1932年生まれ。5代目キリスト者。東京女子大学史学科を卒業し、フルブライト奨学生としてホイートン大学大学院で神学を学んだ後、ハーバード大学で初期キリスト教史を研究した。東京基督教大学、東京女子大学でキリスト教学等を担当した後、東京女子大学学長(2002〜2010年)、広島女学院院長・学長(2014〜2021年)を務めた。現在ワールド・ビジョン・ジャパン理事、国連ユニタール理事、朝顔教会教師を務める。福音功労章、ペスタロッチ賞、中国文化賞を受賞した。著書:『女性を生きる 』、『初代教会と現代』など。二男一女の母。

神谷智子(かみや ともこ)伝道師

神谷智子伝道師1954年 沖縄県に生まれる。小学生の頃から教会学校へ。中学3年に受洗。短大入学と同時に教会から離れる。約10年間放蕩後、主を悲しませてきた事を気づかされ、悔い改めへ導かれる。主から与えられ賜物をささげたく献身。1992年 聖書宣教会教会音楽舎入会。4年間の学びを終了後、沖縄の地にて音楽奉仕者として多岐にわたり奉仕が与えられる。25年を経て再び神学舎にて新約、旧約釈義を中心にみことばの学びを受講。2年間特別研修生としての学びを終了し2022年4月からキリスト教朝顔教会の伝道師に就任。趣味はウオーキングその他。